数値の罠

数値って目で見えるので便利ですよね

でも反面その数値に惑わされてしまうという事もあります

 

 

昔は「高血圧」の値は

160-180を超えると・・でした

 

 

今は・・「130」です

 

130ですよ!!130!!

 

正常値と言われる数字が「120」なのに

正常値を少しでもはみ出たら「異常」って

どういう事!!

 

血圧って人間の体の変化の指標

だから緊張すれば高くなるし

低すぎると、体に血液が回ってないって事で

不調がでてくる

 

血圧って低ければ低いほどいいって

思われがちですが

あまり知られていないけど

低すぎれば、全身に血液が回らないって事だから

冷え性にもなるし認知症にもなる

だって、末端に血液が回らないし

頭にも血液が回らないってことでしょう?

 

一日のうちに血圧も上がったり下がったりする

 

なんなら看護師さんに血圧を測ってもらうだけで

上がる人もいる(笑)

 

医者の白衣を見るだけで

緊張して血圧が上がる人もいる

 

気温だってそうじゃないですか?

あくまで指標なはずなのに

みんな数値に踊らされている

 

自分の体感と気温がずいぶん違うことだってあるはず

 

だから自分の感覚を信じてほしい

健康診断に行って結果が悪くても

それは「その時」の数値であって

それが継続するかはわからない

 

血液検査なんか

そこ数日のデーターであることが多い

 

病後だったらデーターも悪くなるし

本当に「指標」でしかないの

 

毎日毎日

数字が公表されるけど

それにどんな意味があるのか

ちゃんと自分達で考えてほしいと思います

 

数字だけ見て騒ぐのか

その数字の裏にどんな事が現れているのか

 

去年はどうだったのか?

数字はうまく使ってほしい

 

あまりにも数字という目に見えるものしか

信じられない人は

目に見えない大事なものを見失っている気がします

 

この騒動で感染したのは

体ではなく心の方かもしれませんね

 

体は治るけど心が治るには時間がかかります

心が感染しないように気を付けたいものですね

 

世の中の不安が少しでも

安心に変わりますように

 

風邪になった時の対処法

貼っておきますね

 

 

 

 

 

 

 

これも貼っておく

 

 

世の中の不安が少しでも

安心に変わりますように

 

 

たくさんの人に読まれているブログ

わかっているけどできないのは

周りの同調圧のせいですか?

 

 

やってもいいけど

それ以外の事もしっかりやらないと

意味がないことを忘れないでくださいね

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です