風邪を引いた時のまとめ

風邪になったら下記の方法を

いくつかブログに書いていますが

やはり皆さんの目に留まるのは難しいので

まとめておきます

 

1に熱を上げる

熱が上がる事で体の免疫力が

細菌やウィルスと戦ってくれます

 

2に水をしっかりと飲む

水を飲まないと汗がかけません

この時にアクエリアスや経口補水液ですと

糖分が入っている事で

熱を逆に下げてしまいますので

水を飲んでください

 

3に汗をかく

せっかく熱が上がっても

汗をかけないと熱が体の中にこもってしまいます

しっかりと体を温めて汗をかいてください

汗がかけないという事は

体の筋肉が少ないという事と

先ほど書いたように体の水分が足らないかの

どちらかなので

この場合は葛根湯や麻黄湯を飲む、

(体が弱い人は桂枝湯)

体がきつくなければお風呂に入る

タオルで首をまくなど工夫してください

 

4に脱水を起こさない

熱が上がっても死にません

脱水を起こすと

電解質バランスが崩れて心停止を起こします

なので、からなず水、そして少量の質のいい塩を

準備して適宜脱水に備えてください

脱水の目安は頭痛が起こります

頭痛が起こった時には

すぐに質のいい塩分を取ってください

胃が弱い人は急に塩分を取ると

吐き気がします

コップ一杯の水に一つまみの塩を

入れてください

 

5食事は極力とらない

食事をすることで

食事を消費するエネルギーが優先され

外敵と戦うエネルギーが下がってしまいます

 

食べてもいいですが、消化のいいもの

もしくは長引く覚悟をしてください

(数日食べなくても死にません)

 

6に何もせずに寝る

携帯も見ず、テレビも見ず

ただひたすら寝る

これが案外できないのですよね

 

もちろんこの方法には薬は一切必要ありません

薬を飲むことで肝臓を弱め

逆に免疫力を下げることになります

 

関節が痛かったり

鼻が詰まったりで

苦しいとは思いますが

痛い所は温める

鼻が詰まったら水で洗い流す

 

そうして自然に体に任せておくと

数日で治るでしょう

 

それぞれの理由は過去のブログに書いていますので

読んでみてくださいね

 

そろそろ感染も収まってきていますが

 

ちょっと気温が乱高下しているので

風邪をひいている人もちらほら

みかけます

 

大事に至らないようにしてくださいね

 

風邪をひいたらまず休み

 

これが世界の合言葉になればいいのにと

個人的には思います

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です