風邪になった時の対応 ~解説編 命の確保のために脱水を起こさないでください~

今日は脱水を起こさない

ブログでは以下のように書いています

 

4に脱水を起こさない

熱が上がっても死にません

脱水を起こすと

電解質バランスが崩れて心停止を起こします

なので、からなず水、

そして少量の質のいい塩を

準備して適宜脱水に備えてください

脱水の目安は頭痛が起こります

頭痛が起こった時には

すぐに質のいい塩分を取ってください

胃が弱い人は急に塩分を取ると

吐き気がします

コップ一杯の水に一つまみの塩を

入れてください

 

風邪で怖いのは熱が上がる事でも

症状が出る事でもありません

 

一番怖いのは

脱水で急性心筋梗塞で亡くなる事です

 

 

え?たかが風邪ごときで???滝汗滝汗

 

えぇ!!たかが風邪ごときで!!真顔です

これは実は風邪だけでなく

熱中症でも同じことが言えます

 

脱水を起こすと

心臓が止まりますえー

 

なぜなら、脱水で大量の水分と同時に

体のミネラルも体の外に失われてしまいます

 

そのことが心臓の拍動を狂わします

心臓は基本的に

電気のエネルギーで動かされています

 

その電気とはどこから来るのか??ポーン

 

それがミネラルの微量電気です

例えば塩分ならNaclですが

Naならプラスの電気を

Clならマイナスの電気を帯びています

 

そのような、ミネラル分が体の中を

血液や水分と共に体をめぐっているから

心臓が微量電気に反応する

 

看護師さん向けの記事なので

少々難しいですがこちらもご参考に

 

 

なので、脱水で一気に

水分と共にミネラルの電解質バランスが

崩れることで

心臓にも電気が流れずに

心臓が止まってしまうのです

 

だから極端な話

 

しっかりと水分とミネラルを

補給していれば

心筋梗塞は免れます

 

じゃあ、やっぱり〇カリスエットでも・・・

とお考えの方

うん、確かに心筋梗塞を防ぐんだったら

それでもいいけどねえー

 

それこそ、ただの風邪だから(笑)

水で十分なのです(笑)笑い泣き

 

そして何度もいうけど、

熱を下げれば長引くからねニヤリ

 

高齢者とか子供の場合は脱水の時には

電解質のバランスが崩れやすいので

OS-1とかを推奨しているわけですわ

(高齢者や子供は一気に大量に飲めないからね)

 

脱水にならないように

水分とミネラルとしっかりと取れば十分

 

そのミネラルはどこで取るのか

と言えば塩分です

いい塩には、ミネラルが

たっぷり含まれているので

それだけで十分なのです

 

お金をかけずに準備できるものは

自宅にある塩と水

それで十分だという事です

(その時のためにいい塩は

家に準備しておいてくださいね)

 

塩は命の塩なのですよ照れ

 

 

体のバランスが取れてくると

ちょっとぐらい熱で

大量に汗をかいても

脱水は起こさず

頭痛もしなくなるんですよグラサン

 

普段の日常生活で

食事バランスが乱れていたり

甘い物に依存していると

頭痛もひどくなりますけどねてへぺろ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です