体が冷えていると免疫力の効果は半減します

風邪をひいても、インフルエンザにかかっても

熱が出ない人が時々いる

その原因は薬や体を冷やす食べ物を

取っているからなんですが

とにかく体が冷えていると

免疫力が発揮できないというのは

最近よくきくことなんですが

なぜ、体が冷えていると免疫力が発揮されないのか?

それは熱が出る = 病気と闘っているから

なんですね

炎症を忌み嫌うのは医者ですが

その炎症反応というのは

体が傷ついた場所を一生懸命

温めて血液を集めているから

免疫力は血液の中の

白血球が担当している

だから血液(白血球)を傷ついた部分に

集めなくてはいけない

病原菌が体をめぐっているなら

それを追って血液が体を駆け巡る

私たちができることは

血液を駆け巡らせるために

しっかりと体を温めてあげること

(カイロや葛根湯、生姜湯などで

体を中から温める)

不要なエネルギーを使わない事

(起きているだけで人間は

かなりのエネルギーを消耗します

食べることもエネルギーを使います)

常に体が冷えている人は

体を温めることで

病気にかからない体が作れます

だから最近「温め」がブームなんですよねウインク

普段冷えていない人でも

季節柄、急に寒くなったりするときには

要注意ですよ上差し

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です