除菌の必要性について

今のご時世だから「除菌」ってどうなの?ってよく聞かれます

 

ま、気分の問題なので

やりたい方はやればいいと思います

 

医療従事者の私の見解としては

除菌は意味がありません

 

なぜならどんなに除菌をしても

体の中には一定数入ってしまうからです

 

まず、菌についてあなたはどれくらい理解しているでしょう?

目に見えないけれど、どんな菌がどれくらいいるのかご存知ですか?

 

菌が全くいない世界、それは

病院の無菌室です

 

部屋を陰圧にして中の空気からすべて

菌がいない世界にしなければいけません

(これも本当は完全無菌ではないんですけどね)

 

それ以外では私たちは菌と共存していかなければいけないのです

 

体の中にも菌はいるし

空気中にも普通にいるし

どれくらいか万が一目に見えたら

神経質な人は気が狂うかもしれませんね(笑)

 

菌を寄せ付けてはいけないのは

免疫力が下がっている病人だけです

だから病院では狂ったように消毒、除菌が

必要になります

 

健康な人には問題がないぐらいの菌の量でも

免疫力が下がっている病人には命取りになりますから

 

私達、一般的に健康と呼ばれる人には

除菌も消毒もあまり意味はないのです

それこそ、免疫力をしっかりとつけていれば

必要がないのです

 

ではなぜ?除菌、消毒と謳われるようになったのか?

それは食中毒が増えてきたから

先日もアメブロで書きましたが

薬味の意味を分かっていない人が多い

あれは飾り物でもなんでもないんですよ

薬味の役割をご存知ですか?~昔は子供が生ものを食べられなかったよね~

 

 

食中毒になった人に薬味を一緒に食べたかどうか

確認しているデーターはどこにもない

全部菌のせい・・・

ノロウィルスのように管理者の責任ってのもありますが

ノロだってかかる人とかからない人の違いは免疫力です

 

昔からいたかもしれない菌の為に

衛生用品が売れるという世の中の仕組みですよね

 

昔は台所なんて使った後に

熱湯をかけていたではありませんか?

 

今では、洗剤?除菌スプレー?をかけまくる

 

それをまた口にするかもしれないという現実からは

みなさん目をそらすのですよね(笑)

 

アルコールがなければ

とりあえず熱湯消毒すればいいじゃないですか?

あ、台所はね・・結局、食事を作る場所や人は気を付けましょう

って事なんですよ

(それ以外はあまり気にしなくてもいい)

 

そして、他人の常在細菌にまで口を出す人がいますが

(手袋をしないと食べられないとかね)

人との菌の交換によって免疫力は高まるということを

理解してほしいですね

自分の常在細菌にだけしか反応しない体だから

他人だけでなく、花粉やほこりにも

簡単に反応する免疫力しか持ち合わせていないんですよ

 

体だって免疫力がめっちゃ下がっているから

攻撃力を増さないといけないですからね

 

免疫力が過剰に反応する = 自分の免疫力がすでに底についている

なんにでも反応するって事に気が付きましょう

 

では、どうやって菌の恐怖から解放されるのか?

 

気にしない事

 

ですね(笑)でももうかなりの人は

CMや日本企業の餌食になっているので

そこから脱出するのもかなり大変だと思います

 

そういう人はメンタルがかなりやられていると思って

まずはメンタルから改善してくださいね

 

私はメンタルには一切かかわらないので

そういう人は専門家に見てもらってください💛

 

あ・・そういえば今年は花粉症症状出てないな(笑)

私も花粉症症状、時々確認します

そういう時には必ず忙しすぎて

体力を奪われているか、ストレス過多の時です

過去3回花粉症症状がでました。どれも引っ越したり

転職したり、環境が変わった時でした

 

自分の事をきちんと理解していますか?

自分の体の事を理解していれば

体からの反応もきちんと受け取れるようになりますよ

 

まずはしっかり自分と向き合いましょうね

そんな時にはぜひ

「体質改善講座」を受けてみてくださいね

体質改善講座についてはこちらからどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です