自分の寿命は自分で決める

自分の寿命が決められたら

あなたはいくつまで生きたいですか?

 

私は自分が60歳ぐらいまでしか

生きられないだろうな・・

と漠然に思っています。

 

なぜなら自分の体はすでに

+20歳はオーバーしているだろうと思うから

(現在47歳なので体は67歳って事ね)

 

だから実際の60歳だと体は80歳って事・・・

 

ね、たぶん死ぬよね(笑)笑い泣き

 

なぜ自分がそう思うかといえば

今まで自分がやってきたことが原因

 

20代の頃は生理痛と片頭痛に

悩まされていたから

痛み止めを乱用していたし

それで肝臓から限界の合図が来て

(30代でお酒を飲んでアレルギーが出だした)

肝臓が痛んでいることに気が付いた

 

40歳の頃まで低体温だったから

あのまま看護師を続けていたら

きっと癌になったと今は思う

 

40歳を過ぎて看護師を辞めて少しずつ

体を労わってはいるけれど

老化を早めた私の体は

老化を遅らすことはできるけど

元には戻らない

 

痛めた臓器も少しずつは回復するけど

完全には若い頃のようには戻らない

 

看護師やっててアドレナリンを

MAXまで上げていつも

過緊張で仕事していた私は

心臓もあまりよくない

(夜勤中に栄養ドリンクも飲んでいたから

心臓からストップがかかった→動機がした)

 

祖母は心臓病で亡くなったし

(おそらく心筋梗塞)

母は子宮がんの治療をする検査の時に

心臓の腫瘍が見つかり緊急手術をした

 

心臓が弱い家系なのは確か

 

時々、不整脈で1分間に40回ぐらしか

脈を打っていません(笑)

 

病院に行ってもいいけど、やることが

わかっているので行きません

(この辺の話はブログではお話しできません)

 

薬を飲んで命を長らえると言いますが

本当にそうでしょうか?

 

薬を飲んだ時と

飲まなかったときの寿命の差なんて

だれも計れないんですよね、本当は

 

薬は症状を抑えるだけなので

たとえ心臓を動かす薬を出してもらって

それが心臓を余計に

働かせていることになりませんか?

 

心臓の鼓動って実は回数が決まっている

という話を聞いたことがありますか?

 

要は寿命は決まっているのです

それをあがいても寿命が

延びた証拠はありません

 

延命だけなんです

 

機械を使って呼吸を補助し

薬を使って心臓をただ動かしている

それを延命と呼びますが

もう、体の機能としては休みたいんです

それを機械で無理やり動かしています

 

(※治療として呼吸器をつける方法も

ありますので先生のお話を

よく聞いてくださいね)

 

自分の寿命がもし決められるのであれば

あなたはいくつまで生きたいですか?

それはなぜでしょう?

 

今、死ぬと後悔があるのなら

後悔しないように生きてください

 

今、そのことを問われている時代だと思います

 

私は自分が60歳までしか

生きれないと思っているので

やりたいことはほとんどやってきたつもりです

 

そして60歳を過ぎて、

もしまだ生きていられるのなら

それはそれで「ラッキー」と思って

次のやりたいことを見つけようと思います

 

時間だけは皆さんに平等です

その時間をどう使うかが

今の私達に問われているのではないでしょうか?

 

 

 

 

風邪になった時の対処法

貼っておきますね

 

 

 

 

 

 

 

これも貼っておく

 

 

 

 

世の中の不安が少しでも

安心に変わりますように

 

 

たくさんの人に読まれているブログ

わかっているけどできないのは

周りの同調圧のせいですか?

 

 

やってもいいけど

それ以外の事もしっかりやらないと

意味がないことを忘れないでくださいね

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です