実は細菌感染の方がウィルスよりも怖い

コロちゃんのおかげでウィルスが盛んに怖がられていますけれど

実はウィルスよりも細菌感染の方が怖いって知ってます?

 

え?細菌には抗生物質があるから大丈夫じゃない?って

 

ウィルスと同じで細菌も本当に多数の種類が存在していて

それをきっちり細かく分類するのって実は難しい

 

そして、風邪って最初はウィルスが引き起こすかもしれないけれど

最終的には細菌感染に移行することがほとんど

 

だから今回のコロちゃんも実はたいしたことがないのだと

私は踏んでいる

その理由として、ほとんどが症状がでないまま発症する

不顕性感染であるということ

そしてごくごく早い段階で高熱が一過性に出るけど

すぐに解熱する事(これに関しては解熱剤使用の有無が

確認できていないから一概にはいけないんだけど)

 

でも、しつこいウィルスは仮に解熱剤を使ったとしても

上がったり下がったりするからね

 

その後に肺炎に移行する事

 

この肺炎ってのが厄介なのね・・・

人間の体の中には常在細菌というものが常に住んでいて

善玉2割、悪玉2割、日和見菌(善悪が付かないタイプ)が6割と言われている

 

これが肺にもいないとは限らない

実はこの肺炎球菌、症状をださないまま鼻や喉に常にいるって

報告もされている

国立がんがん研究センター 肺炎球菌感染症 Q&Aより

 

ということはここに書かれているように

ウィルスで一過性に免疫力が弱まった時に

一気に細菌感染しているとも限らない

 

でも、細菌なら抗生物質が効くんでしょう?

 

いやいや・・その細菌を特定するまでに

どれくらい時間が必要?

ウィルスと違って細菌の検査結果が出るまで

早くても1~3日遅くて8週間とかかかる

その間に患者さんの状態は刻一刻と変化するのよね

 

そして残念なのが、細菌が一種類でないこともある

その場合、どの菌が1番悪さをしているかまでは

検査では知る由もない・・・

 

だから想定で抗生剤を決め、投与しなくてはいけない

(※予想が当たれば治るけどね・・)

 

もし違ったら?別の抗生剤を使うことになる

そうしているうちに肝機能も悪くなるよね

細菌だって馬鹿じゃないから耐性もつくよね

 

ウィルスは何もしなくても

自分の免疫力で治るかもしれない

でも細菌はその菌バランスが元に戻るまで

じっと待つしか実は方法はないのだよ

(抗生剤を使う以外に)

 

え?それってウィルスの時と同じじゃん

 

そう。

 

だけどウィルスよりしつこい

 

だから今回の肺炎はウィルスによって免疫力を落とされた

体の菌バランスが崩れたことによる肺炎だと私は考えているのですよ

 

あ、もちろんただの看護師の推測ですから

お気になさらずに・・・

 

もし、この仮説が正しかったとしても

そうでなくても

やっぱり私達がやることは3つ

免疫力を高めるために

1、しっかり寝る

2、体を冷やさない(温める)

3、ストレスをためない

 

自粛に疲れてくると3番がなかなかできなくなる

そうするとまた感染者が増えてくるからね

ストレスは適度に発散しないと

私のお勧めはしっかり声を出すこと

一人カラオケ(今は自宅でね)でもいいし

誰かとオンラインでおしゃべりするのもいい

 

 

声に出すということは

自分の中にたまっているストレスをしっかり出し切るというもの

 

ためたままにすると無駄なぜい肉と

腹黒い感情がいつか自分をむしばむよ

 

まずは朝一番に窓を開けて

綺麗な空気を部屋中に入れ替えて

大きく深呼吸してみてごらんなさい

(吐くことに意識をしてね)

 

腹黒いものも一緒に入れ替えてくれるかもしれませんよ

実は細菌感染の方がウィルスよりも怖い” に対して2件のコメントがあります。

  1. 山崎眞由美 より:

    こんにちは✨
    いつも投稿読ませて頂きとても心強いです。
    主人がよく風邪ひくので(扁桃腺)この前の投稿のように食べず解熱剤使わず治そうと思います。
    これからも投稿よろしくお願いいたします✨

    1. tachan19730122@gmail.com より:

      いつもありがとうございます。
      脱水には気を付けてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です