妄信はしない、信者にならない生き方

先日は友達と車で出かけているときに

運転中、急にはげしいめまいに襲われまして・・

車を横によけて止まったら

体が回るぐらいの激しいめまいと頭痛と吐き気

 

これは・・・いつもの頭痛とは違うな

そう感じて友達に運転してもらって家まで帰りつく

(最近はなかったけど、以前から激しい頭痛は

時々ありまして・・・)

 

 

私は五感過敏なので、体の異変によく気が付く

血栓が流れる時もどこを流れているのか感じるし

たまにプチっと毛細血管が切れるのも感じる

(最近はなかったけど)

それに似た感覚だったので

脳梗塞や脳出血かの判断に迷った

この二つは対応が真逆になるからだ

 

出血だと頭で出血しているから

頭を冷やして出血を止めないといけないし

 

脳梗塞だと血管に詰まっているので

血管を広げるために温めないといけない

 

この方法は看護師の知識ではなく

この本で勉強させてもらった

【ゆうパケット対応(1個まで)】家庭で出来る自然療法 東城百合子

 

私は色々な情報を読んだり調べたりしているが

東城百合子さんの考え方や

内科医 内海聡先生の考え方はとても共感する

 

それでも妄信しているわけではなく

内海先生は時々、「毒吐くな・・・」と思っているし(笑)

東城先生の方法も「現代人にはちょっと無理かも・・」と

思って現代版にアレンジしていることもある

(カイロ貼るのは現代版ね。でもカイロよりも

東城先生のお勧めの方法、

イモパスタやこんにゃく湿布の方が安全なのも理解している)

 

話がそれたが、そうやって方法を知っていれば

実は怖くないのが病気なのだ

交通事故などで、骨が折れたりすれば

整形しなければいけないし

皮膚がぱっくり割れれば

感染しないためにも縫わないといけないと思う

 

ただ・・・命に関わらない病気なら

自分で治せることをもっと知って欲しいなと思う

(あ・・脳梗塞とか脳出血は

命に関わるので病院に行ってくださいね(笑)

 

私の場合は

仮に脳出血で病院に行けば

どういう治療をするのかを知っている

 

それをしたところで、その後どうなるのかもわかっている

だからこそ、自分で治す事を選択したのだ

 

今回の感染もそうだ

自分でマスクをつけないと決めたなら

マスクをしなくても感染しない体つくりを目指してほしい

 

ただ、めんどくさいからでマスクもせずに

体も整えずに感染すればただのバカです

 

心配でマスクするほうがよっぽどまし

 

私はマスクをすることで

自分の心機能が落ちる事を理解しているので

していません

でも、感染しても病院に行かずに自分で治せる自信があるので

マスクはしていません

 

それが本当の「自己責任」なんです

病院はどんな人でも病気になれば受け入れます

でも、無謀な事をして病床を圧迫することほど

今の医療スタッフが望まないことはないでしょう

 

マスクしなくてもいい、少人数の会食ならしてもいい

でも、ちゃんと体を温めて

食べ過ぎた時には胃を休めて

そういう責任と一体だという事を忘れないでくださいね

 

何事もメディアのいう事が正しいとか

あの人のいう事が正しいという

絶対な事柄はこの世の中にはないのですから・・

 

疑うことも必要だし

疑って自分の疑問が晴れれば

素直にそれをやってみる

 

人生ってそんなことの繰り返しだなと思います

 

 

ささぶちひろみさんの写真

 

風邪になった時の対処法

貼っておきますね

 

 

 

 

 

 

 

これも貼っておく

 

 

 

 

世の中の不安が少しでも

安心に変わりますように

 

 

たくさんの人に読まれているブログ

わかっているけどできないのは

周りの同調圧のせいですか?

 

 

やってもいいけど

それ以外の事もしっかりやらないと

意味がないことを忘れないでくださいね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です