副作用の無い物なんてない

副作用がまったくないものなんてこの世の中にはありませんよ

 

食べ物でさえ、食べ過ぎれば副作用が出ます

 

 

例えば・・・

ビタミン類でさえ取り過ぎると病気になります

(あまり知られていませんが・・・)

 

ビタミン類は基本的に

取り過ぎても体がきちんと排出をしてくれます

 

なので安全!!

なんて思っている人

安心しないでね滝汗

 

基本的に・・・ていうのは自然にという事

 

普段、口にしている食事の量ぐらいでは副作用はでません

という事で、サプリメントのような

普段口にしないような量を口にすれば

体にとっては過剰摂取です

 

当然、体に負担がかかります

 

不足しているものを補う時には

サプリメントが一時的に必要な時があります

でも、その不足が解消されたときには

体は排泄に傾きます

 

もう、十分足りているのに

取り続けたら・・・・

昨日もお伝えした排出の機能

腎臓と、肝臓に負担がかかります

 

肝臓は沈黙の臓器と言われています

その大きさ故、自分で修復もしちゃうので

たいていの事は我慢できる

我慢強い臓器です

だから、肝臓が悲鳴を上げるときには

「もう、自分で修復できないよーーー」って言っているときです

 

そういう時には免疫力も落ちますし

排出ができなくなると

肌(毛穴)を排出機能として

一生懸命体の外に出そうとします

(それがアレルギー)

 

腎臓はこぶし大ほどの大きさで

自己修復するにはしっかりと血液(栄養と酸素)が

必要なので、冷えたりするとその機能は弱まります

 

冬に腎機能が衰えるのはそのせい

(だから排出機能がただでさえ弱い高齢者は

冬になって寒くなると体調が衰えてくる)

 

体の機能ってその部分だけを見るのではなく

全体を把握しなくてはいけません

 

私が講座でお伝えしている

「気」「血」「水」は

どこか一つを強化するというのではなく

3つのバランスが崩れると

それぞれの機能が弱ってくると

お伝えしています

 

体全体もそうで・・

どこぞのビタミンが足りないから

補おうとすれば、別の臓器に影響が出ることがあります

 

これから先、健康産業は

みんなの不安に付け込んで

いろんなものを開発するでしょう

 

それを自分でしっかりと見分ける目を付けなければ

いえ・・・

使いこなせることができなければ

せっかく健康になろうとしているのに

肝心な時にお金が使えないという事に

なりかねませんよ

 

健康食品やサプリメントは

いいことしか言いませんが

必ず、それを疑ってかかる目を

もってください

 

今はネットで簡単に情報を探せますから

「ビタミン〇 副作用」とか検索してみてください

 

必ず一つは出てくるはずですよ

 

私がお勧めするハチミツ&シナモンでさえ

小さい子には食べさせてはダメとかありますよ

 

食べ物だから安全

など絶対はないのですから

 

皆様の不安が少しでも解消しますように

 

 

 

 

風邪になった時の対処法

貼っておきますね

 

 

 

 

 

これも貼っておく

 

 

 

 

世の中の不安が少しでも

安心に変わりますように

 

 

たくさんの人に読まれているブログ

わかっているけどできないのは

周りの同調圧のせいですか?

 

 

 

やってもいいけど

それ以外の事もしっかりやらないと

意味がないことを忘れないでくださいね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です