すべての人に葛根湯が合うわけではない

葛根湯・・・よく聞く漢方薬ですよね

私のブログでもちょくちょく出てくる名前です

 

 

でもこの漢方薬

風邪薬じゃないってご存知でしたか?

 

え?ポーン風邪薬じゃなければなんなの?

 

先日も書きましたが

風邪の時によく処方されるのですが

本当は、病院にいって処方される時には

実は「遅い」って事が多々あります

 

なぜなら、

葛根湯は風邪の引きはじめに

体を温めて熱を上げることを

目的としているからです

(要は体を温めるためのもの)

もし、熱が出てしまったり

病院に来るような症状の時には

葛根湯はタイミングとしては

遅いという事になります

※病院に行く前に体調がおかしいと

思ったら飲むのが正解

 

そして稀に「葛根湯」では

体質に合わない人がいます

 

それはめちゃ体力が落ち切っている人滝汗

 

そういう人は葛根湯を飲んだだけでも

動悸・めまいが

することがあります

 

葛根湯って体の血の巡りをよくするものなので

体の血が足りない人や

血が足りていても急激に血が体をめぐると

その巡りについてこれなくて

具合が悪くなるのです

 

そういう人は葛根湯よりも

ランクを下げて

桂枝湯や香蘇散にするとよいでしょう

 

体力が有り余っている人にも

実は葛根湯では効果が出ないことがあります

その場合は麻黄湯を選択します

 

自分の体力がどれに当たるかは

私の講座を受けたり

自分で調べてみてくださいね

体力ってその時の自分の状態で

だいぶ変化します

 

今、自分の体力がどのあたりかな?

ってわかっておくと

仮に病院から薬を出されても

「あ・・これ多分合わないな」って

わかるようになるんです

 

え?医者でもないのに?びっくり

 

え?逆に自分の身体の事なのに

医者に丸投げしちゃうの?滝汗と聞きたい・・

 

自分の身体の事を一番よく

理解しているのは自分自身です

 

だからしっかりと自分の身体と向き合って

軽い病気程度なら自分で治してくださいね

 

 

 

 

 

風邪になった時の対処法

貼っておきますね

 

 

 

 

 

これも貼っておく

 

 

 

 

世の中の不安が少しでも

安心に変わりますように

 

 

たくさんの人に読まれているブログ

わかっているけどできないのは

周りの同調圧のせいですか?

 

 

 

やってもいいけど

それ以外の事もしっかりやらないと

意味がないことを忘れないでくださいね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です